【ケージフリーエッグ】平飼卵に切り替えました

卵料理は数知れず、美味しい卵を食べると幸せになりますよね。皆さんは、卵が食卓に並ぶまでって考えた事ありますか?私は、恥ずかしながらまったく考えた事がありませんでした。あることをきっかけに、近代化や大規模化された一般的な養鶏場で鶏たちがおかれている劣悪な環境を知りました。どんなに綺麗ごとを並べても、命を頂くことには変わりないのですが・・大事な命を頂くからこそ、知っていて然るべきなのかとも思いました。

吹き出しアイコン

こちらの記事では、「アニマルウェルフェア」の観点から採卵鶏の飼養管理についてご紹介します。

 

「アニマルウェルフェア」とは

 

“Animal Welfare”(アニマルウェルフェア)とは何でしょうか。農林水産省の畜産部ホームページを見てみると、アニマルウェルフェアについて以下の様に記載があります。

  我が国も加盟しており、世界の動物衛生の向上を目的とする政府間機関である国際獣疫事務局(OIE)の勧告において、「アニマルウェルフェアとは、動物が生活及び死亡する環境と関連する動物の身体的及び心理的状態をいう。」と定義されています。
  アニマルウェルフェアについては、家畜を快適な環境下で飼養することにより、家畜のストレスや疾病を減らすことが重要であり、結果として、生産性の向上や安全な畜産物の生産にもつながることから、農林水産省としては、アニマルウェルフェアの考え方を踏まえた家畜の飼養管理の普及に努めています。

アニマルウェルフェアについて 農林水産省

 

ふむ、動物の身体的及び心理的状態そのものをアニマルウェルフェアと言うのですね。なんだかシックリきません。そこでもう少し調べてみると、このような説明を見つけました。

「福祉」という言葉が社会保障を指す言葉としても使用されていることから、本来のウェルフェアの意味合いである「幸福」や「良く生きること」という考え方が十分に反映されておらず、誤解を招くおそれがある。
また、アニマルウェルフェアの国際的なガイドラインを策定・勧告している OIE(国際獣疫事務局)においては、「アニマルウェルフェアとは、動物が生活及び死亡する環境と関連する動物の身体的及び心理的状態をいう」と定義している。これらを踏まえつつ、本指針では、家畜にとってより良いアニマルウェルフェアを普及啓発するという観点から、その意味合いが反映されるようにアニマルウェルフェアを「快適性に配慮した家畜の飼養管理」とする。

アニマルウェルフェアの考え方に対応した採卵鶏の飼養管理指針 畜産技術協会

 

ふむふむ、先程よりはシックリきました。アニマルウェルフェアは「快適性に配慮した家畜の飼養管理」とすると、分かりやすいですね。

さらには、もっとシックリくる説明を見つけたのでご紹介します。

アニマルウェルフェア(Animal Welfare)とは、感受性を持つ生き物としての家畜に心を寄り添わせ、誕生から死を迎えるまでの間、ストレスをできる限り少なく、行動要求が満たされた、健康的な生活ができる飼育方法をめざす畜産のあり方です。欧州発の考え方で、日本では「動物福祉」や「家畜福祉」と訳されてきました。

一般社団法人 アニマルウェルフェア畜産協会

 

うむ、ストンと落ちました。誕生から死を迎えるまでの間、ストレスをできる限り少なく、行動要求が満たされた、健康的な生活ができる飼育方法をめざす畜産のあり方。生き物に与えられた当たり前の権利が、私たち人間によって汚されているのですね。

では次に、採卵鶏の置かれた環境がどのようなものなのかまとめていきます。

 

 

採卵鶏

 

ここからは、認定NPO法人アニマルライツセンターの調査情報を基に、採卵鶏についてまとめます。

採卵鶏の雛

まず最初に驚いた事。それは、卵を産まないオスの雛は産まれてすぐに殺処分されてしまうという事です。その方法がとても残酷で胸が詰まりました。

殺処分の方法
  • 窒息
  • 圧死
  • 機械で粉砕

オスの雛は、上記の方法で殺処分されているのだそうです。生きたまま袋に入れられて窒息させたり。コンテナの中に卵の殻と一緒に生きたまま放り込んで、積み重ねられる事で下の方の雛を圧死させたり。同じく、卵の殻と一緒に生きたまま粉砕機に入れられてすり潰されたり。

本当ですか?!この世のどこかに、そんな恐ろしい場面があるのですか?!何も知らずに卵を口にしていた自分が恥ずかしいです。

アニマルライツセンターのホームページの中で、生まれたての雛の目を通して彼らのたどる運命を知る動画がありましたのでご紹介します。イスラエルの動物の権利団体による内部調査の映像だそうです。

 

生まれた瞬間からはじまる恐ろしい運命

ご覧になりましたか?恐ろしくて、切なくて、息が詰まります。平飼卵に切り替えた、なんてのんきなこと言ってすみません。知らなくて・・最初に採卵鶏の事を知ったのはバタリーケージからだったので、この記事のタイトルを決めた時は雛たちの恐ろしい運命の事を知りもしませんでした。ごめんなさい。

次は、私が平飼卵に切り替えた理由。バタリーケージについてまとめます。

固定ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

プロフィール

36歳で初めての高齢出産

Baby♂ 1人

旦那様  1人

猫♀  一匹

ページ上部へ戻る